リポセンスに副作用のおそれは無いの?

リポセンスに副作用のおそれは無いの? 未分類

寝る前に飲むことでダイエットが出来ると話題のリポセンス。
ここではリポセンスの成分を調べつつ、リポセンスに副作用のおそれが無いのかを調べたいと思います。

リポセンスに入っている全成分

リポセンスに入っている成分は以下の通りです。

難消化性デキストリン、金時ショウガ末、サラシア末、ギムネマ末、キャンドルブッシュ、ブラックジンジャー抽出物(ブラックジンジャー抽出物、デキストリン)、α-リポ酸、甘草末、白インゲン豆抽出物、大豆抽出物(大豆を含む)、ココナッツオイル / セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、シクロデキストリン、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

基本的には植物由来の成分ばかりなので、副作用はなさそうです。
ですが聞き慣れないものもあるので、念の為代表的なものを調べておきましょう。

リポセンスの代表的な成分の特徴や副作用の危険性について

リポセンスに入っている成分のうち、主成分とされている

  1. サラシア
  2. ギムネマ
  3. キャンドルブッシュ

の3つの成分について詳しく書きたいと思います。

サラシア

リポセンスに入っている代表的な成分の一つにサラシアがあります
リポセンスに入っている代表的な成分の一つに【サラシア】があります。
サラシアはダイエット茶として飲まれることも多い、トクホなどで取り扱われることが多くなった成分です。

正式名称をサラシアレティキュラータといい、東南アジアで自生している植物です。
古来から糖尿病や肥満の改善薬として使用されてきた、由緒正しき成分なのです。

サラシア茶のラベルなどにもよく書かれていますが、その効果の一つに【糖の吸収を抑える】というものがあります。
ご飯やパスタなどの炭水化物に含まれる糖は、肥満の原因となります。

サラシアはそんな糖の吸収を穏やかにし、吸収せずに排出させる力があります。
なので食事を我慢しなくても、痩せやすい体作りが可能になっているんですね♪

もちろん昔から薬として利用されている成分ですし、副作用の恐れはありません。

ギムネマ

リポセンスに入っている代表的な成分の一つにギムネマがあります
リポセンスに入っている代表的な成分の一つに【ギムネマ】があります。

正式名称は【ギムネマ・シルベスタ】。
サッカー選手みたいな名前ですね(笑)

最近ではカロリミットなどに入っているのが有名です。
ギムネマもサラシアと効果は似ていて、【糖の吸収を抑える】効果があります。

グルマール(糖を壊す)という別名を持つほどの効果があるとされています。
整腸作用もあるらしく、便秘改善にも役立つんです。

副作用という副作用はないですが、整腸作用によりお腹がゆるくなることがあるそうです。
でも適量を守って摂取していれば大丈夫だそうです。

キャンドルブッシュ

リポセンスに入っている代表的な成分の一つにキャンドルブッシュがあります
リポセンスに入っている代表的な成分の一つに【キャンドルブッシュ】があります。

キャンドルブッシュには強い便秘改善効果があります。
下剤にも近いほどの効果があるそうで、飲みすぎると下痢を起こしやすくなるそうです。

ただこれも適量を守って飲んでおけば大丈夫です。

というわけでリポセンスに入っている成分は、基本的に飲みすぎなければ副作用のような症状は出ません!
飲み過ぎにだけ注意しましょう。

コメント